ホームへ  医療法人三愛会ホーム > ヘルパーステーション三愛

ヘルパーステーション三愛サービス内容

訪問介護とは

在宅で日常生活に援助が必要な方のご家庭にホームヘルパーが訪問し、
ぬくもりのある介護サービスを提供します。

    身体介護、生活援助、介護予防サービス
  • 身体介護サービス
  • 生活援助サービス
  • 介護予防サービス

身体介護、生活援助、介護予防サービスなど、その他日常生活上のお世話をするサービスです。要介護状態 ・要支援状態になった方でも、可能な限り、ご自宅で自立した生活が送れるように支援していきます。

身体介護 排泄介助・入浴介助・清拭・外出介助・ 通院介助・食事介助 など
生活援助 調理・買い物・掃除・洗濯・環境整備など
介護予防 家族・地域の支えあいなど代替サービスが利用できない場合、ヘルパーが訪問し身体介護や家事などの日常生活の援助を行います。

状態の区分

介護にかかる時間や心身の状態が維持・改善する可能性にもとづき、介護を必要とする度合い(状態の区分)があります。
介護予防/訪問介護

その他のサービス

1介護保険
県の指定を受け、介護保険法に基づいた
訪問介護サービスをご提供致します。
2相対契約
依頼を受けた内容が、介護保険に該当しない場合、介護保険制度の料金による実費(10割負担)でサービスを承ります。
3障害福祉サービス
居宅介護サービス、重度訪問介護サービスを行っています。
※必要時にいつでもサービスに伺えます。早朝・夜間・深夜・日曜・祝日など稼動しております。また24時間の電話対応いたしております。
※地域に密着した、温かいサービスを心がけております。いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

訪問介護サービスまでの流れ

1サービス提供依頼
ケアマネージャー等又は本人よりサービス提供の依頼がある。次へ
2サービス担当者会議
ケアマネージャー等中心の会議に出席する。次へ
3受領
ケアマネージャー等又は本人より「サービス提供表・提供表別表」を受け取る。次へ
4契約
「契約書」を持参し説明、同意を得て契約を結ぶ。次へ
5打ち合わせ
ケアマネージャー等(他社会資源)からの情報をサービス提供責任者が「事前調査票」に落し込み、情報の提供を受ける。又、サービスを行う上で、医療面における注意点をまとめ、「アセスメント表」を作成する。次へ
6訪問
利用者様宅へ訪問し本人・家族と面談し、サービス内容・ニーズの再確認を行う。次へ
7サービス手順書作成
訪問した結果をもとに「サービス手順書」の作成を行う。又、「訪問介護計画書」の作成も行う。次へ
8事前説明
事業所にてヘルパーに対し利用者様に関する説明を行う。次へ
9同行稼動
利用者様に作成した「訪問介護計画書」を提示し、同意を得る。
初回訪問して手順書作成したなかで、足りない部分を稼動しながら補足して確立していく。サービス提供責任者がヘルパーに同行し、サービス内容・手順に従ってサービスを実施していく。次へ
10サービスの実施
手順通りのサービスを実施する。又、稼動時におけるサービス内容・観察・事項・特記事項について「サービス記録」「利用者対応表」に記録する。次へ
11モニタリング
定期的に利用者様宅を訪問し、状況を確認しながら継続的な管理を行っていく。
又、必要があれば「訪問介護計画書」の変更を行う。