Category Archive : 三愛病院


2月に入り、寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしですか?

今年の節分は2月3日という事で、当院では節分にちなんだメニューをお出ししました!!


節分には、恵方巻を食べることが多いですよね。
恵方巻とは、福を巻き込んだ太巻きとされ、その年の縁起のよい方角を向いて心の中で願い事をしながら黙って食べきると願い事が叶うと言われています。
2024年の恵方(縁起の良い方角)は東北東です!(^^)!

患者様には海苔巻きではなく、食べやすいよう彩りの良いちらし寿司をお出ししました。
ちょっぴり豪華なえびを使用し、患者様から大好評でした! また、節分の行事といえば「豆まき」。邪気を追い払う為に行うとされており、「豆→魔目(まめ)」、「炒る→射る」という語呂合わせから「炒り豆(大豆)」を使用するようになったようです。

< 献  立 >

   ・ちらし寿司

   ・炊き合わせ

   ・節分豆

   ・そうめん汁

 

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、骨と関係が深いとされています。
骨量維持機能がある女性ホルモンの「エストロゲン」は、加齢とともに減少しますが、大豆イソフラボンは、そのエストロゲンと似た働きをするのです!

そのため、大豆は骨粗鬆症予防にも効果的な食品ですよ(^^)/

節分は立春の前日。春の気配が近づいてきましたね。季節の変わり目となっておりますので、皆様も恵方巻や大豆を食べて元気に春を迎えましょう(^^♪

★☆三愛病院 栄養課☆★




食事でインフルエンザを予防しましょう!


今年もインフルエンザが昨年に引き続き流行しています。インフルエンザの予防には、マスクの着用、外出後の手洗いやうがい、人混みを避ける、室内の適度な温度・湿度などがありますが、免疫力を高めウイルスに負けない体をつくることも大切です。そのためには栄養バランスのとれた食事が欠かせません。そこで免疫力を高める栄養素についてみてみましょう。

たんぱく質

肉、魚、卵、大豆製品、乳製品 など

ビタミンA

緑黄色野菜(人参、ほうれん草、春菊など)

ビタミンC

柑橘類(みかん、オレンジ、グレープフルーツなど)、野菜、いも類(じゃがいも、さつまいもなど)

ここで当院で提供した食事の一例を挙げます。

< 献  立 >

・ご飯

・鶏肉の照り煮
 →鶏肉のたんぱく質

・ブロッコリーの辛子和え 
 →ブロッコリー・人参のビタミンA
  ブロッコリーのビタミンC

・桃のムース
 →牛乳のたんぱく質

・みそ汁
 →菜の花のビタミンA・ビタミンC

 

免疫力を高める食材がきちんと含まれていますね(^o^)

上記以外にも体の免疫機能には多くの栄養素が関与しています。いろいろな食材をバランスよく食べることが大切です。

また、十分な睡眠や適度な運動にも心がけ、インフルエンザに負けない体をつくりましょう。

★☆三愛病院 栄養課☆★




今年も残り1週間となりました!1年が過ぎるのはあっという間ですね。


12月25日はクリスマスということで特別メニューを提供いたしました。

♪ クリスマスメニュー ♪

・チキンライス

・ミートボール

・冬野菜サラダ

・コンソメスープ

・ショートケーキ

 

冬野菜サラダには今が旬のレンコンとかぼちゃを使用しています。

レンコンは免疫機能を高める作用のあるビタミンCや生活習慣病の予防・改善に役立つ食物繊維が豊富に含まれています。

また、かぼちゃといえば「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」という言い伝えがありますが、かぼちゃの収穫時期は夏。どうしてかぼちゃを冬に食べていたのでしょうか?

諸説ありますが、昔は現代に比べて食材の保存技術が発達していなかったため、保存性が高いかぼちゃは旬の時期以外にも食べることができる貴重な緑黄色野菜でした。
かぼちゃを食べて栄養をつけ、風邪を予防するという考えから冬至に食べる習慣が生まれたといわれています。 実際かぼちゃには皮膚や粘膜を健康に保つ働きのあるカロテンやビタミンB1、B2、C、ミネラル、食物繊維が含まれており、非常に栄養バランスのよい緑黄色野菜です。

栄養満点の冬野菜を食べて、元気に新年を迎えたいですね!(^^)!

来年も患者様一人ひとりに合ったお食事を提供できるよう、日々尽力いたします。

皆様良いお年をお迎えください。

★☆三愛病院 栄養課☆★

三愛病院、三愛クリニック、リハビリホスピタル三愛より、年末年始の診療体制についてお知らせいたします。

年末年始期間中 <12月30日(土)から1月3日(水)> は、通常の外来診療は休診となります。
年始は、1月4日(木)より通常の診療を行います。

三 愛 病 院三愛クリニックリハビリホスピタル三愛
12月30日(土)休診 ※救急を除く休 診休 診
12月31日(日)休診 ※救急を除く休 診休 診
 1月 1日(月)休診 ※救急を除く休 診休 診
 1月 2日(火)休診 ※救急を除く休 診休 診
 1月 3日(水)休診 ※救急を除く休 診休 診
※救急の場合、三愛病院(電話:099-252-6622)へご連絡ください。

 また、インフルエンザウイルス等の感染症の流行が続いております。
ご来院の際は、必ず、不織布マスクの着用、手指消毒にご協力の程、よろしくお願いいたします。




11月も下旬となり、朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね!
皆様、風邪などひいていませんか?


さて、11月20日は患者様に「彩り弁当」を提供しました!(^^)!

♪ メニュー ♪

・栗入り炊き込みご飯

・竜田揚げのみぞれあんかけ

・銀だらの塩麹焼き

・ブロッコリーとえびの炒め物

・バスクチーズケーキ

 炊き込みご飯は栗ときのこ、もみじ型の人参を加え季節感たっぷり★患者様にも好評でした(^^)

 秋が旬の”栗”は、ナッツの一種になります。
他のナッツ類と比べて脂質が少なく、疲労回復に役立つビタミンB1、美肌効果のあるビタミンC、高血圧予防や動脈硬化に効果のあるカリウム、食物繊維やミネラル類も豊富です(^^)/
 茹でるだけのシンプルな食べ方のほか、洋風にも中華風にもアレンジできるので 色んな料理に加えて楽しみたいですね♪

 入院中の患者様も、日ごろとは違ったお弁当箱での提供で、 特別感を味わって頂けたのではないでしょうか(^_-)-☆ 

今後本格的に寒くなりますので、皆様体調管理に気を付けてお過ごしください。

★☆三愛病院 栄養課☆★

10月に入り暑さが和らぎ、過ごしやすい気候になってきました ^^
そして、秋です!実りの秋・食欲の秋です!!


秋の味覚”と呼ばれるように秋は食べ物が美味しい季節です。
ついつい食べ過ぎてしまう方も多いのではないでしょうか?
当院では、10月24日の昼食に入院中の患者様にも秋を満喫して頂きたく、秋の味覚「秋刀魚」を使った炊き込みごはんを提供致しました。

♪ 秋の味覚献立 ♪

・秋刀魚の炊き込みごはん

・野菜コロッケ

・高野豆腐の和え物

・うどん汁

・バナナ

 秋が旬の代表食材「秋刀魚」にはEPAやDHAが豊富に含まれています。
EPAは血液をサラサラにするといわれ、心筋梗塞や脳血栓の予防に繋がります。
DHAは体内の悪玉コレステロールを減らし、また脳細胞の働きを活発にし学習能力の向上・認知症を防ぐ効果が期待できるといわれています。

美味しいだけでなく栄養たっぷりな”秋の味覚”を皆さんも楽しんで下さいね(^^♪

★☆三愛病院 栄養課☆★

2023年10月7日(土)いよいよ、燃ゆる感動かごしま国体開幕です。

三愛病院の屋上では、国体開幕を控えた前日の10月6日(金)午後に航空自衛隊のアクロバット飛行隊ブルーインパルスが鹿児島市白波スタジアム上空を試験飛行するとのことで、ブルーインパルスを一目みようと入院患者様と職員が観覧をしました。

鹿児島国体の開会式前日の今日は、すばらしい青空に恵まれ、ブルーインパルス飛行の予定時刻になっても、なかなか飛行機が見えずにそわそわしていましたが、飛行機を見つけた人が向こうから飛行機が来た!?との声に、みんな空を見まわしました。
そして、三愛病院近くの上空で白い煙をだし、通過していきました。

 

新型コロナウイルス感染症で延期となった、待ちに待った鹿児島国体に出場される選手の皆さんの活躍を期待し、皆さんで応援しましょう(^▽^)/

★☆三愛病院☆★

三愛病院およびリハビリホスピタル三愛で使用している入院セットについて、入院セットの委託業者(株式会社カクイックス)より、価格改定のお知らせがございました。

 【改定日】
  ・令和 5年 10月 1日より

対象品目改定前の価格改定後の価格
・Aセット(患者衣+日用品)242円/日(税込)275円/日(税込)
・Bセット(患者衣+タオル+日用品)352円/日(税込)385円/日(税込)
・Cセット(患者衣+タオル+肌着+日用品)462円/日(税込)495円/日(税込)
・日用品セット660円(税込)770円(税込)

入院セットをご利用の患者様へは、別途、委託業者より文書でお知らせがございますので、ご確認の程、宜しくお願いいたします。

社会医療法人三愛会 理事長

朝晩涼しくなり、秋を感じられるようになりましたね。


9月18日は敬老の日ということで、
病院では特別メニューを提供いたしました。

♪敬老の日メニュー♪

・赤飯

・金目鯛の煮つけ

・紅白なます

・花麩のすまし汁

・茨城県産和栗モンブラン

 昔からお祝い事があると赤飯を炊く風習がある日本ですが、赤飯には様々な効能が期待されています。
赤飯に使用される小豆やささげ豆には、赤血球中のヘモグロビンの主成分であり血液を作るうえで必要不可欠な「鉄分」が豊富に含まれているので貧血予防に効果的です。
またビタミンB群も豊富であり、特にビタミンB1には体内でエネルギーを効率よく使い疲労物質を減らしてくれる働きがあるので疲労回復にも効果的です。

季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあります。
お祝い事でなくてもたまにはお赤飯を食べて元気に過ごしていきましょう(^▽^)/

★☆三愛病院 栄養課☆★

 8月に入り、連日猛暑が続いておりますが皆さま夏バテなどしていませんか?


さて、新型コロナの制限が緩和され迎える今年の夏は、各地で夏祭りが本格的に復活しています(^^)/

 入院中の患者様にも、少しでもお祭り気分を味わって頂きたく、本日の昼食は夏祭りにちなんだメニューをお出ししました。

♪お祭り献立♪

焼きそば

フランクフルト

たこ焼き

フライドポテト

枝豆!(^^)!


デザートには冷やしパインまで(^_-)-☆

患者様も、夏の季節感を味わって頂けたのではないでしょうか♪♪
皆さまも体調管理に気を配りながら、夏を楽しんでくださいね!(^^)!

まだまだ暑い日が続きますので、熱中症にも気を付けてお過ごしください。

★☆三愛病院 栄養課☆★